2013-12

今年最後の作業

早いもので今年もいよいよ数日に。。。

畑での最後の作業は白菜のハチマキ

妻と二人で

まずは収穫から寒さで凍っているネットを外す。
012_201312231339306d4.jpg

防寒のため今年はネットはそのままにしておいた

少しは防寒になっていると思われるが
013_2013122313393132d.jpg

お裾分けの物を含め漬物用にと一輪車一杯に積んで一旦帰宅
022.jpg

表面についた土などを軽く洗って逆さにして水を切る。

畑に戻るとあと30ケぐらい残っている。

来年の収穫まで外葉で包んでさらに防寒
042.jpg

収穫の時はダメになった葉を取り除くのでだいぶ小さくなってしまう

漬物にするには倍の数が必要になる。

でも家で食べるには十分で我が家では白菜を買ったことがない。
041.jpg

夜にはさっそく食卓で味わう!
001_20131223134013de6.jpg

お裾分けのお返しにとこちらを頂いた。
002_20131223134014485.jpg

一足早く味見をしてみる。

おいしい!

この記事が今年最後になると思う???

来年のジャガイモの植え付けまでは農作業もお休みになるので

ブログも不定期になります。

時折り食卓の様子などをUPしていきます。

よいお年を迎えてください。







スポンサーサイト

ニンジンも最終収穫に

ニンジンの収穫も最後になった。

例年は食べるときに食べる分だけ採っていたが

土をかけての保存ができるらしく

ということですべて収穫
018.jpg

今回初の金時人参だったがまずまずの出来に満足している。

こちらはあまーい人参

20本ぐらいになろうか。。
019_20131223153019380.jpg

全部収穫して裏庭にネギと一緒に土をかけて保存
017_20131223153017f56.jpg

これだけあれば当分OKだろうか?

お正月には松前漬けやら煮物やら鍋料理など結構消費量は多い。

一杯できるとあまり使わず少しだけだと無くなりも早く感じられる。

来期は倍の量を育ててもいいかもしれない。

食べたい菜も小さいのを残してすべて収穫
023_20131223153021501.jpg

この野菜は食べ応えがあった。

中華によし和食によし

まさにチンゲン菜と小松菜の両用になり来期も栽培決定。

小松菜もこれだけ採って初回畝は終了

こちらは2回目の畝が控えている。
024.jpg

しっかり霜に当たって甘さが増していることだろう!

お雑煮で。。。うまそう!
007_20131223160350890.jpg

あれ!うちのお雑煮は小松菜入ってたっけ?

風邪をひかないように

今日でブログ開始より3か月になった。

つまらない忘備録ではあるが毎日のように訪問して頂いている方々に感謝。

訪問されている方がいると思うと励みになります。

風邪などひかないように過ごしていただきい。

画像だけですみませんがネギは風邪にいいと昔から言われているので
031.jpg

霜が溶けた畝から一本ずつ手で抜いてみました。

スコップで掘ってしまうと細いネギまで採れてしまいもったいないので。。。

霜にあたってますので地上部は柔らかくデリケートになっており

むやみに抜くと葉が途中で切れてしまうのもや

根も途中で切れてしまうものもありましたが丁寧に作業
032.jpg

多めに採って裏庭に埋めておきます。
030.jpg

6月の暑いときに定植したものですが立派に育ちました。

これだけ買ったら結構するのではないでしょうか?

豊富に食べれます。

葉物も寒さに負けずに青々してます。
035.jpg
036.jpg

冬にも採れたて野菜のサラダを食べれます。
044.jpg

手間暇かけて育てた野菜は格別な味がするのは皆様も一緒ではないでしょうか?




大根3種

青首の大根耐病総太りはこれで今季はすべて収穫
026.jpg

一回目に蒔いた種が途中で暑さでか台風の影響かはわからないが失敗してしまったので

数量不足になってしまった。

お裾分けすると一本しか残らないがおいしく食べてもらうには今でしょう!

後はこちら三浦大根があります。
028.jpg

彩サラダでとのリクエストの紅芯大根もお正月用にひとつ残してお裾分け
027_2013122316162226c.jpg

恩着せがましくしたくはないが感謝の気持ちで食べてもらいたいと思う。

我が家のメニューは今回はこれで
038.jpg
043.jpg

紅芯大根生ハム添えと大根の豚肉添え

どちらも大根がメインと思えてならない。

おそらく自分で野菜を作っている人は同じではあるまいか?

味ですか?

売っているものとは本当に違いますよ!

野菜本来の甘さがあります。

煮た大根などは口の中でとろけます。。。

とろけるマグロや肉も食べたいですがこれだけは自分で育てるわけにはいかないので!(笑)





レタス登場

忘れられていると書いたレタスが登場
007_2013122512480483a.jpg

クリスマスということで
001_2013122512480033a.jpg

私の野菜は今日は付け合わせだ。

妻の手料理でのディナーになった。

ソースも手作り
003_20131225124802aeb.jpg

これをかけて頂きます。
008_20131225124837563.jpg

こちらはチーズのグラタン風?
002_20131225124801a5a.jpg

アボガドにサケとホタテそれにホウレンソウがアクセントになって
011_20131225124840a7f.jpg

生ハムとチーズも添えて

今日はワインでゆっくり食事です。
009_201312251248386df.jpg

メリークリスマス!

キャベツ、ブロッコリー

キャベツも寒さのせいかこれ以上はなかなか大きくならない
006_20131223164227eb3.jpg

キャベツは越冬できるのだろうか?

まだ10ケぐらいは残っているのでこちらも食べたい時に収穫しながら

どれくらいまで採れるか観察して行くことにする。

ブロッコリーは年内でこの大きさのものは終了後は脇芽のを食べていく
005_20131223164226160.jpg

付け合わせの野菜として重宝している。
039.jpg

脇芽もシチューに入れば立派に見えるでしょう?
037.jpg

このクリームシチューは見た目はどこにでもあるものだが

すべて私の野菜で中でもカブをふんだんに使っているのでコクが最高!

これだけ採れたので
025_20131223164230bb7.jpg

こちらのレタスは今日は見られなかった

たぶん忘れられている。
016_20131223164228800.jpg

ふんだんに採れる弊害の一つだがもう慣れた!

麦が。。。

週末は寒さが一段と厳しくなった。

朝起きて外を見ると隣の家の屋根が真っ白

まるで雪が降ったように見えた。

お世話になった人に野菜を配るため収穫作業がメインに今週はUPしていく。

畑に行ってみると案の定 霜 霜 霜で真っ白
004_20131223125415642.jpg

青空に映えてきれいだがこれでは作業にならない。

そんなで畑の見回りを。。。。

すると。。。ガーン!

麦が霜で持ち上げられている。
009_201312231254176d6.jpg
008_20131223125416ce7.jpg
010_201312231254193d3.jpg

5cmぐらいになった芽が散乱しているではないか

霜柱と同じくらいの芽が。。。
011_201312231254200bf.jpg

がっがりである。

霜が溶けるのを待って麦を踏んでおいたがどうなるか?
033.jpg

霜柱で土も持ち上げられている感覚が足からでもわかる。

今回はどうなるかわからないが来年はもっと強く踏まなければいけないことが分かった。
034.jpg

ちらほら残った苗にがんばってもらおう!

何事も経験である。

お正月に煮物に使うサトイモも一株掘り起こしてみた。
020_2013122312545326f.jpg

こちらはいい感じでおいしく食べれそう。

あと4株保存してあるので一か月に一株ずつ掘り起こして経過を見ていきたい。


根菜類

根菜類は順調な仕上がりを見せている。

カブの収穫は毎週続いている。

今回の大根はみの早生という品種で青くびのように

地上には出てこないので抜いてみないと大きさはわからない

今季は初

9月22日に種を蒔いてようやく収穫になった。

もう少し太くなれば。。。

葉を落としてしまったので写真映りがいまいち
007_20131216115752793.jpg

おでんや煮物でおいしく頂く。

人参も数回の間引きをしながら最終の物になる。

来年は午年なので年賀状の写真に使おう!

きれいに洗ってハイポーズ
008_20131216115753573.jpg

きれいに撮れました。




ジンギスカンで!



キャベツにブロッコリーの2回目の苗もこんな感じで収穫

水菜、春菊もみずみずしい。
006_20131216115729bf8.jpg

そろそろ食べ飽きたきた「食べたい菜」と小松菜

葉が同じなので区別がつきにくいが小松菜の方が色が濃い

キャベツを使って今回はジンギスカンで
004_20131218092438abb.jpg

カボチャは夏採っておいたものを使ってみた甘さは健在。

最後の収穫になったピーマンと甘ながも使って食べ納めだ。


寒い日はやっぱり鍋で

昨日の夜から降り出した雨

ここ横浜では雪にはならずよっかた。

朝方も結構冷え込み暖房のない部屋は10℃をきった。

日中もどんよりした曇り空で気温は上がらず。

こういう寒い日は温かい鍋がいい!

白菜は豊富にあるので

白菜に合う出汁が売っていてそれを使用
001_201312191045108b9.jpg

昔は味ポンぐらいだったが最近は出汁も多様だ。

いろんな味が手軽に楽しめてありがたい。

002_20131219104511bf8.jpg

漬物も毎日食べている。

週末以外は飲まないようにしているが

鍋には日本酒でしょうとチョットだけ頂いた。





ニラの越冬

もう一つの作業としてニラの越冬

葉がだいぶ黄色くなってきているので

思いきって刈り取ってしまうことに
003_20131216114344cda.jpg

食べようと思えば食べれるがこのまま肥料に?
004_20131216114345866.jpg

また来春に青々とした葉になってから

年に数回収穫できてとてもお得な野菜である。

採りたてはお浸しで頂きます。

風味やシャキシャキ感がたまりません。

春までオアズケ!

麦踏

すっかりやることも無くなった畑だが

この作業だけは残っていた。

麦踏
001_201312161124544b7.jpg

なぜか芽の数量が減ってきている気がするが。。。
002_20131216112455ced.jpg

暖かくなってきてから畑に行っているので霜は溶けているが名残は土からわかる。

ひとつひとつ踏んでいく足に躊躇が無くなってきた。

夕方に白菜の漬物を出してみた。

味見して合格

ちょっと塩が多いかな?

次回は3%にしてみよう。

おいしそうに写すため盛り付け方も変えてみたが。。。
015_20131216112457fd1.jpg
017_201312161124580cf.jpg

最後にゆずを擦って風味を追加

今年の作業もいよいよ

今年もあと半月で終わりになる。

早いものだ。

農園の風景もここの所変わりがない。
IMG_1021 (640x480)

ホーム玉ねぎが元気に育っている。
093.jpg

少し赤くなってきた鷹の爪
094.jpg

今日は今週の食材を収穫して終わり。

運動不足をどうやって解消していくか?

休日前

休日前の食事はゆっくり味わいたいもである。

アルコール類はゆっくりの食事には必須だと思っている。

普段はお酒を飲むのは控えているが???

休みの前は飲みたくなるものだ。

今日はワインを。。。

の前に乾いた喉をこれで
023.jpg

体のことを考えているので成分は重要である。

鳥肉の焼いたものにネギのオリーブオイル焼き
021.jpg

あとはフィットチーネを食べながらワインで

027.jpg

キャベツのサラダにはなんとかというドレッシングがよく合う!

〆にはカブのスープで体を温めて

アクセントに載せたワケギがとてもよかった。
029.jpg

畑作業があるといっても所詮は趣味であるので仕事モードとは違う。

朝寝坊ができるという気分が重要だ。

寒さも本番で明日の朝も霜が。。。ということで畑には昼から行こう!





年末用の野菜

年末年始用に合わせて作っている野菜がボチボチ収穫できるようになってきた。

キャベツやブロッコリーは12個づつ植えてある。

お正月用にといっても各1~2個あれば家族で食べるには十分

あとはお世話になった人に配る分と。。。

それらをキープしておけば適宜になったものから収穫
099.jpg
098.jpg

おいしそうなキャベツとブロッコリー

小松菜はまだちいさのでこのまま待機願う。
097.jpg

ホウレンソウも待機
095.jpg

お正月には採れたて野菜で

野菜も高値になり妻の感謝のレベルも上がることだろう。



寒さに当たって

12月に入り数回の霜も降りている。

この寒さと霜が野菜を甘くしてとは不思議なことだ。

ネギも今年最後の土寄せと追肥をしておいた。
096.jpg

これからのネギが一年で一番おいしい時期だと思う。

太いものから数本抜いて家の裏に土をかけて保存している。

食べるときに食べる分だけ取り出して畑まで来る手間をなくしているわけで

食べる直前まで土をかけているので風味は損なわれずGood

冷蔵庫での保管よりもいいですよ!

白菜は鍋で

やっぱり白菜は鍋で

豚肉と白菜のミルフィユ鍋
001.jpg

白菜と豚肉だけで頂く

今日は妻、娘は不在なので

妻が用意しておいた鍋をコンロでまさに一人鍋

小栗 旬と同じ。。。(笑)

白菜の漬物

初めて白菜の漬物を作ったのが3年前

ネットでの見様見まねで作ってみてから

今年で3回目になる。

初めの年は2度漬けだったが味が濃くなりすぎるので

翌年からは1度だけの漬けものにしている。

この漬け方の方が亡くなった親父が作っていた味に近いこともある。

まさか自分でやるようになるとは思ってもみなかったことだが。。。

40Lの樽と重石に6kgと5kを使用。
011.jpg

親父は石を使っていたが私はこれを使っている。
010.jpg

この方が重石の出し入れが楽で重ねることもできるので

それぞれもうひとつずつある。

まずは漬物用のビニールを樽にセット
012.jpg

これを使うことで衛生的だし後片づけも楽だ。

1/4株づつ塩を葉の間に入れていく

茎の部分には多めにすりこみように裏表2方向から

013.jpg

樽に前後を交互に一番下には大き目の白菜を敷いていく。

大体一段に4株がちょうどいい
015.jpg

そして追い塩と昆布と唐辛子を適宜に
016.jpg

同じ要領で2段目を1段目の株に対して直角になるように敷いていく。
017.jpg

今回は3段目まで

中ブタを置いてビニールを包み込むようにしてから
019.jpg

最後に重石を載せて終了
020.jpg

この後、5kgの重石を追加

白菜約7kgに対して塩300g

重石16kg

明日には樽の蓋ができるぐらいに沈んでくるので重石を1個外し蓋をしておく。

やがて水分がでてくる。

これが「水が上がってくる」というやつだ。

この水が上がってこなければ失敗ということだが

失敗したことはない!

週末には食べれるようになると思う。

好みの問題だが私はまだ早い浅漬けの状態の方が好きでなので

2度漬けはやめてしまった。

好みでゆずなども食べるときに乗せるので

漬ける工程はこれで終わりになる。

1日1株だべても10日もつわけだがお裾分けもしているので

2樽で回していく。

来週にもう1樽漬ける予定

これをシーズン中10回ほどやるので塩の使用量は3kgを超える。

塩分の取りすぎだ!





白菜漬物準備

今週も始まった。

また、忘備録としてつづっていこう!

日曜日、曇って寒そうな空の色

畑に出ていくのも。。。

特にやらなければいけない作業もなくついつい億劫になってしまう。

とりあえず収穫に向かう。

本来収穫とは楽しいものだが初物を採ってしまうと後は消化試合のようで

せっかく作った野菜を有効的に使っていくかの段階になる。

そこで白菜は毎年漬物にしている。

今日は4ケを収穫して1ケはお裾分けに

2ケ半を漬物に半ケは食卓用に

まずは白菜を1/4にカット
009.jpg

今回は10ケになった。

大きいもので800gを超え

小さなもでも600gにはなる。
007.jpg
008.jpg

白菜一個の重さは3kg前後になりまずまずといった大きさだろう。

これを一日干してから漬け込む。

その他の準備をしておくことに

まずは昆布を切って
003.jpg

それに自家製唐辛子「鷹の爪」登場

このために唐辛子を栽培している。
002.jpg

適当な大きさにして種は取っておく。

そして今回はこの量で
006.jpg
005.jpg

唐辛子3gと昆布16g

もちろんこれらの重さは参考で決め手は目分量の見た感じでこんなもん

しかし塩だけはある程度決めている。

今回は4%でやってみよう。

そして今年はこの塩で
004.jpg

漬け込み作業はまた次回にUPします。

初物にふさわしい贈り物

なんというタイミングの良さ!

宅急便。。。贈り物が届いた。

クール便の箱をあけてみるとなんと高級すき焼き用の肉

今夜はすき焼きで決まりだ!

春菊を採りに再び農園に
すき焼き1

これで材料は揃った。
すき焼き2

水菜、春菊、玉ねぎは購入品

そしておいしそうな霜降り牛
すき焼き3

しかし!

私の本命はこちらの白菜だ!
すき焼き4

採りたて厳選素材で脇を固めた。

これがおいしくないわけがない!
すき焼き5

まさにグッドタイミングの贈りもであった。

ごちそうさまです。

いよいよ収穫

いよいよ白菜の収穫だ。
白菜1


今年もまずまずの仕上がりを見せている。

まだ巻きは甘いが大きさは十分である。
白菜2

株もとに包丁を入れる。

重さも結構あり初物としては合格!
白菜3

アブラムシがついている外葉をむしっていくと

テントウムシの幼虫とカタツムリがいた。

写真で確認してもらえるだろうか?
白菜4

テントウムシの幼虫はほかの白菜へ移動願った。

いっぱい食べてもらいたい。

そのほかにホウレンソウや水菜を収穫して
白菜5

さて後は妻にバトンタッチ

うまくいかないことも

植物を相手にしていると思ったようには行かないことが多々ある

こちらは収穫前に霜でダメになってしまった空芯菜
IMG_1028 (640x480) (448x336)

育てやすかったがやはり食べきれずにこのような姿に。。。

発芽まで順調だったがその後少しづつ減っているゴボウ
IMG_1011 (640x480) (448x336)

今までゴボウはあまりよくない結果が続いている。

掘るのが大変なので短めのうまいゴボウを育てていたが

来期は滝野川に品種を変えようと思っている。

こちらもなぜか発芽率が悪い小松菜だ。
IMG_0996 (640x480) (448x336)

小松菜は育てやすい初心者向きの野菜のはずが

種が古かったせいか一回目はうまくいったのに

今回はこんな感じで失敗である。

最後に鷹の爪

すでに家で使う分は収穫が終わっている。

こちらは2度目の実になる

寒さで赤くなる前にこうなってしまうのか?
IMG_1019 (640x480) (448x336)

まだだいぶ実が残っているのでこのまま観察してみる。
IMG_1018 (640x480) (448x336)

こういう失敗もあるからうまくいったときはなおさらうれしい!

耐病総太り

大根も総太りと紅芯大根は収穫できる大きさになってきた。

三浦大根とみの早生はまだ身が細くもうしばらくおあずけ

IMG_1008 (640x480)

コンパニオプランツとしてのサニーレタス
IMG_1009 (640x480)

IMG_1006 (640x480)

これからさらに大きく太っていくだろう!

IMG_1037 (640x480)

根菜野菜は体も温まる。
IMG_1041 (640x480)

具だくさんの味噌汁でいただく!

ブロッコリーの脇芽で

ブロッコリーの2回目がそろそろ
IMG_1004 (640x480)

収穫できそうだがもう少し大きくしてから
IMG_1005 (640x480)

やはり寒くなってきたので成長もだいぶ鈍くなってきている。

こちらは同じ日に種を蒔き同じ日に畑に定植したロマネスコだ。
IMG_1003 (640x480)

まだあのサザエのような姿を現さない?

気長に成長を待つ

それまでは脇芽でしのいでいく。

一回の食卓の量ぐらいは何とかなっている。
IMG_0992 (640x480)

今日はポトフの彩に

エンドウ類

エンドウ豆たちが寒さに向かって

10月19日に種を蒔いて26日に発芽

昨年より一週間早い

例年より暖かい日が続いていたので成長がよかった。
IMG_0999 (640x480)

20cmぐらいでちょと大きくなりすぎたかな。

絹さやエンドウ、グリンピース、そしてスナップ
IMG_0998 (640x480)
IMG_1001 (640x480)
IMG_1002 (640x480)

どこの畝に何を植えたかを覚えていないと外観は皆同じなので

以前は竹の枝を寒さよけにしていたが昨年よりはこのネットのなかでぬくぬくと育っている。

マルチ栽培も試してみたが冬には草が生えてこないので昨年よりは手抜きでマルチなし。

来春の桜の満開が終わって散っていくころジャガイモの芽が出始め

そしてさやエンドウからとれ始めスナップと続く。

一か月ほど遅れてグリンピースが豆ごはんで登場する。

いよいよ師走の冬本番!

がんばれ エンドウ三兄弟!

麦踏み

今日はは霜が降り寒い朝になった。

暖かくなった10:30頃に畑に向かう。

閑散としている風景が冬らしい。

畑の見回り。。。

麦が発芽している。
IMG_1022 (640x480)

やりました!!!

なかばあきらめかけていたので「よっしゃ!」って感じです。

一週間ぐらいで発芽してくると思っていたので

三週間かかりました。
IMG_1023 (640x480)

大きいもので2~3cmになっています。
IMG_1026 (640x480)

麦踏み?

ふと脳裏に。。。

まだ早いのか?。。。今か?

今でしょ!。。。もともと待っていられない性格なので
IMG_1025 (640x480)

人生初の麦踏みです。

この後、何回も麦を踏むことになるでしょうが

今日の日のことは忘れないと思っている。

新芽を踏んでしまうという今までの常識外の行動である。

踏む足に力を入れられない!

そのうちガンガン踏んでいくことになる自分が。。。
IMG_1027 (640x480)

その日が来るのは間違いないことだが。。。

家族忘年会

今日は妻と娘と3人で外食の予定

というかたまには連れてけモード

ということで畑仕事は午前中だけでシャワーをあびて昼食

昼から女性陣が買い物に。。

久しぶりにTVを見ながら昼寝をしてしまった。

疲れていたのかソファーで2時間以上

さて本題

娘のハンバーグが食べたい!

が、、、そういう気分ではなく

歩いて行ける居酒屋に決定!

いろんな料理がたくさん食べれるので結構気に入っている店である。

日曜日ということで仕事帰りのサラリーマンの姿はなく店は空いていた。

とりあえず「生」と行きたいところだが

痛風の薬を飲んでいる私は「ホッピー」なにせプリン体というのが0らしい。

最近はこれが主流だ!

女性陣はなにやら「梅サワー」なるものを

お通しはもずく酢にレンコンが入ったもの

私は酢の物があまり。。。

まずはお刺身から
お刺身

中トロ、炙りウニ、カンパチ、ヒラメ、たこ、サーモン、メジナ、サンマの炙りの盛り合わせ

どれもおいしいが中でもウニの炙りは美味!

続いて鳥コロに砂肝
シロころ
砂肝

ゆず胡椒がまたいい味を醸し出す。

ここは生がきがおいしいのだがあいにく今日はないらしい。残念

ということでフライに
カキフライ

タルタルソースがたまりません!

後は娘のリクエストでカルパッチョとのりピザを
カルパッチョ
のりピザ

カルパッチョの魚は刺身盛りと同じのヒラメ、サーモン、炙りサンマなど

どれも新鮮さが伝わってくる。

ピザものりの風味があり軽めでお酒に合う。

あっ娘が頼んだちくわの磯部揚げを忘れていた。
ちくわの磯部揚げ

若い者は好みが違う。

サービスの卵焼きもありお腹はいっぱい
卵焼き

ここに来るとついつい食べ過ぎてしまう。

と言いながら最後は日本酒を「吉乃川の樽酒」とさけのカマ焼きで〆た。
吉乃川
さけのカマ

たわいのない会話はあまり覚えていないが

家族そろっておいしいものが食べれとりあえず健康?

今年もなんとかいい年で終われそうなちょっと早めの忘年会であった。

ただ付け合わせの野菜は俺の野菜の方がうまい!

と 思いつつ帰路に就いた。

最近〇〇じいさんのブログが止まったままで気になっている。

体調を壊してなければいいのだが。。。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

まろ

Author:まろ
菜園生活は7年目
ブログは4年目
気ままに綴っていきます。

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

カテゴリ

プロローグ (5)
農園風景 (89)
グルメ (312)
道具類 (8)
キャベツ、ブロッコリー (48)
ハクサイ (37)
ニンニク (13)
ネギ (25)
ダイコン、カブ (57)
ニンジン、ゴボウ (32)
葉物野菜 (68)
ソラマメ、エンドウ、インゲン (69)
ジャガイモ (27)
トウモロコシ、エダマメ (50)
サトイモ (38)
タケノコ (4)
トマト、キュウリ (52)
スイカ、カボチャ (26)
ナス、ピーマン、シシトウ (31)
ラッカセイ (14)
ゴーヤ、オクラ (16)
サツマイモ (15)
旅 (44)
麦 (15)
害虫 (4)
未分類 (15)
外壁塗装 (7)
アスパラガス (3)
タマネギ (5)

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR